『さぬきこどもの国』~わくわく児童館

子供の居られる香川の方なら、一度は行った事が有ると思います。
ウォーキングに出掛けた場所、以前友達の子供を連れて行った、さぬきこどもの国です。
丁度、高松空港の滑走路の南側にあります。
1992年の夏頃、知り合いのサッシ屋さんが、難しい建物を施工しているので
苦労話を聞き、一度工事中、見学に行きました。

設計は大阪の㈱梓設計で
敷地面積 240,000㎡ 延べ面積 5,009㎡ 鉄骨鉄筋コンクリート造 地下1階 地上3階
香川県が児童館(360°映像館兼プラネタリュウム・研修施設・展示施設)として発注しました
1995年3月完成 約13年前のバブル期のお金の掛った、未来志向のデザインが特徴の建物です。

この日午前中は天気も良く、澄んだ空気の中、気持ちのいいサイクリングコースをウォーキングです。
次回は外の施設をアップ予定です。

Nikon D3
Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D
Capture NX 1.3.0.

c0132170_1037412.jpg





c0132170_1038556.jpg
c0132170_10381713.jpg
c0132170_10382965.jpg
c0132170_10383838.jpg
c0132170_10384812.jpg

最後に、建築でよく使われる言葉で構造用語がありますが、ここで少し説明します。
マンションなどは、鉄筋コンクリート造6階とか、SRC造15階とか、
住宅では、木造モルタル2階建てなど言いますね。
最近の建物の基礎は、ほとんど鉄筋(丸い棒状の鉄)を鳥かご状に組み、コンクリートを流し込み
作る鉄筋コンクリート造ですが、建物の構造では基礎では無く、地上にある構造をいいます。

大きく分けてラーメン構造と壁式構造で2つあります
・ラーメン構造は、柱、はり、で支える一般的な構造で、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造です。
・壁式構造とは、面で支えるいわゆる箱状の建物で、木造2X4(ツーバイフォー)がこれですが、
 鉄筋コンクリート造も有ります。

構造の材質種類は、
1.木造(これはラーメンの骨組が木で作られる建物)
このラーメンは食べられません(^_^;)
2.鉄骨造(ロの字やH型の鉄骨を骨組に使った建物、別名S造)
スチールのSですね、軽いので柱間隔を広く出来たり高層ビルに使います
3.鉄筋コンクリート造(コンクリートを鉄筋で補強したRC造)
ReinForced 補強と言う意味のRとコンクリートのCです
4.鉄骨鉄筋コンクリート造(上のRC造にさらに鉄骨を中に入れ補強したSRC造)
8-20階ぐらいの中層でよく使います

一般には下に行くほど頑丈で値段が高いとされていますが、実際はそうでもなく、
建築士の適格な判断で、設計時に決めております。
特徴や、長短所、コストなどは、またの機会にします。
住宅展示場などに行った時、
『私ラーメン構造のRC造が一番好きです』って言って見て下さい。
※(追出されても責任取りませんが(^^ゞ)
[PR]
by macotoblog | 2008-02-02 10:39
<< 『さぬきこどもの国』~サイクリ... 『かわたうどん』~さぬきうどん >>