『香川県庁舎』~新旧

2006年に公開された織田裕二主演、共演は柴咲コウの県庁の星ご存知でしょうか?
地上22階、地下2階、最高部113メートルの鉄骨造の建物で、
映画「県庁の星」はここでロケが行われました。
高層ビルで一番新しい本館、東館、北館、議事堂、天神前分庁舎、警察本部庁舎
香川県の行政機関が置かれる建物群の総称、その中で、本館、東館、警察本部庁舎は、
丹下健三により設計されました。
一番古い旧舘(東館)竣工は1958年。地上8階、最高部43メートルの鉄筋コンクリート造で、
一番新しい本館   竣工は2000年。地上22階、地下2階、最高部113メートルの鉄骨造です。
西側に警察本部庁舎は竣工は1996年。地上6階、地下2階、最高部33メートルの鉄骨鉄筋コンクリート造です。

Nikon D300(F2さんありがとう)
Nikon D40
TOKINA AT-X 124 PRO DX 12-24mm
SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM
Capture NX 1.3.0.

01.新旧香川県庁舎です。
c0132170_23401596.jpg




02.
c0132170_2342563.jpg

03.
c0132170_23422533.jpg

04.
c0132170_23423554.jpg

05.
c0132170_23425129.jpg

06.
c0132170_23432033.jpg

07.
c0132170_23434614.jpg

丹下さんといえば、香川県にはこの3棟のほかに、私の記事『香川県立体育館』も設計していて、
香川の建物ではおなじみになっていますが、2005年3月22日死去。享年91才の建築一筋の人生でした。
最近のデザインブームのミッドセンチュリー時代、ル・コルビュジエの影響を強く受け
作品の所々に影響を見て取れるのが、面白いですね。
この丹下さんが育成した、磯崎新、黒川紀章、槇文彦、谷口吉生などの世界的建築家をはじめ
イサム・ノグチや猪熊弦一郎も多くの作品の中で影響を受け合っています。
この旧舘が特に私は好きで、40-50歳のバリバリの時期に、気合の入った
繊細な日本建築を意識したデザインです。
実は、後期の警察本部で私も工事に携わり、何回も打合せをしましたが、
最後まで本人には、会えませんでした。
この高層棟は、フジテレビのフレーム構造に少し似ている感じですが、東京都庁舎にも通じる
ポストモダニズム建築です。

結局この県庁旧舘を、設計した思想やデザインを勉強して行くと、世界のデザインや
現在の日本の建築のすべてが、ここから始まる共通点が、見えて来る様な気がします。
[PR]
by macotoblog | 2008-01-26 00:01
<< 夕暮れの駅~『挿頭丘駅』 建築工事現場~最終仕上げ工事 >>