建築工事現場~最終仕上げ工事

入学式に使う、体育館の現場です。
今、大勢の職人さんが、力を合わせ、今年3月完成目指して頑張っています。
この後、ここの壁材は香川県産のひのきを使用します。
香川県のひのきは、節は多めですが、木目が細かく粘りがあり、狂いが少なく、
経年変化とともに、色艶が良くなって行き、
集成加工により構造材の強度も十分で、非常にすぐれた材料です。
そして昨日一部施工した所を、環境森林部みどり整備課の方々が、視察に来られました。
これから地元の、衰退気味の林業の促進に力を入れ、香川県産材のPRをしてゆくそうです。
私はバブル崩壊後、値段の安い中国やロシア、カナダなどの外材ばかり、
最近扱っていたので、我々も地元の県民として、香川県産材を使っての施工は、
うれしく思いますし、品質のいい国産木材を我々もPRしていこうと思っています。
この中学校の体育館、そろそろこの後、上部の工事が終わり床の工事に移ります。
そのため、撮影した後、この足場は早速解体されました。

Nikon D40
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G
Capture NX 1.3.0.
Corel Paint Shop Pro Photo X2

c0132170_8253919.jpg




ステージ廻りの工事は、50%ぐらいですが、プロセニアムアーチ(三方枠)が出来ました。
この枠材は、タモ集成の40x508mmを36.2゚の角度を付け、上部2か所の留め加工が、
難しく、図面は単純に見えますが、計算上の角度より、
何回も現場で修正し、やっと完成しました。
c0132170_8261217.jpg

最近、3件の現場が年度末竣工の為、打ち合せ、施工図、工程管理、材料手配が忙しく、
たまの日曜日に、自宅でぐったりしており、写真を撮りに行けていません。
更新も、これからしばらくは、不定期になるかも知れませんが、建築目線の記事で
頑張って行こうと思っておりますので、よろしくお願いしますm(__)m
[PR]
by macotoblog | 2008-01-24 08:27
<< 『香川県庁舎』~新旧 『公渕森林公園』~散歩コース >>