門入の郷(SATO)1/2

設 計:多田善昭
所在地:香川県さぬき市寒川町
竣工年:1996年~2001年

Nikon D200
Ai AF Zoom Nikkor 24-85mm F2.8-4D
Capture NX 1.2.0.

c0132170_00040.jpg






当時の寒川町のダム計画や周辺施設のコンセプトを当時、多田氏のインタビューのHPから引用し、まとめると、
                                (2002年8月25日記)
●「門入の郷」は、飲み水を含めた多目的利用の門入ダム(1999年完成)
周辺の自然を人々がより豊かに、目的を明確に利用できる「自然環境との共生空間」として、
寒川町が整備を模索し、三世代交流を目差した公園施設です。

●「冒険の舞台」(1997)は、棚田であった敷地をなだらかな斜面に変えたものです。
棄されようとしていた水利権は残すことができ、横の二級河川を利用して、「親水の小川」を設計。  

●「椿の城」(1996)はコンクリート造で、ある種の砦のようにも見えますが、
建築物として確認申請を提出し、検査済証を取って、「農村公園施設」として補助を国と県から受けています。
杉板板目を写したコンクリートのヴォリュームある壁でできた迷路のような空間の集合体で、
上ったり下りたりもできる遊具としての建築です。
迷路(通 路)・集いの場・公衆便所・ギャラリーなど用意されています。
一年中、緑を保てる多種類の芝生で覆い、この辺り一帯を「冒険の舞台」と呼んでいます。
c0132170_004390.jpg

c0132170_012636.jpg
c0132170_013634.jpg

c0132170_015562.jpg
c0132170_02103.jpg

最後に、一つ一つの施設は多田氏と関係自治体により、デザインされ、施工技術も各部質感良く、素晴らしい施設です。
また、上記のコンセプトで、いわゆるバブル時代、計画施工された、一連のダムと周辺施設、巨額の税金をつぎ込み完成されました。
(いくら費用が掛ったか興味がある方は、当時の資料等を、調べて見て下さい)
今からのメンテや、維持、管理の費用は、この不況下では大変だろうと思います。
しかし、この施設で遊ぶ子供たちや温泉に来た方の顔を見ていると、なんだか救われた気分になりました。
[PR]
by macotoblog | 2007-10-10 00:03
<< 門入の郷(SATO)2/2 沖縄シーサー >>